公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム(H26)

若者の自立・社会参画支援プログラム

もくじ

支援プログラムテーマ
受託自治体名
取り組みタイトル
ダウンロードファイル
1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)
2.事業の目的、目指した成果
3.事業の概要
4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制
5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果
6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ
7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略
事例シート
この情報の問い合わせ先

支援プログラムテーマ

テーマ1 若者の自立・社会参画支援プログラム

受託自治体名

長野県飯田市

取り組みタイトル

飯田ムトス大学事業 〜地区公民館単位で取組む若者等を取り込んだ地域課題学習が連携した、学習と交流に基づく人材育成プログラム〜

ダウンロードファイル

(PDFファイル)

ページ上部へ

1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)

人口減少、少子高齢化に加え、若者世代の大都市への流出などにより、次世代の担い手不足が課題とされ、このことは特に中山間地域において顕著である。また、高齢化に伴い独居老人世帯の増加やスーパーの撤退などによる買い物弱者問題など顕在化してきており、地域の暮らしを支える仕組みを根本から見直す必要がある。これらに加え、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道整備といった二大交通プロジェクトが進捗している現状において、今後、交通インフラ整備によるストロー現象も危惧されるところである。このように大きな地域課題・生活課題が顕在化する中において、近年の飯田市における公民館活動では、公民館が本来目指すべき課題解決に向けた学習活動への取組みが弱く、また、これからの地域の担い手となる若者の公民館事業への関心の希薄化と地域離れが進行し、地域の存続も危ぶまれる状況にあることから、地域の若者が地域に愛着を持ち、安心して住み続けられるための地域づくり(=住民自治による持続可能な地域経営)のための次世代育成が喫緊の課題である。また、これまで飯田市の公民館は、活動の基本理念となる運営原則に掲げる「地域中心の原則・住民参画の原則」に基づき20 地区それぞれが地区公民館単位で地域課題学習に取り組んできているが、このような社会的変化に対応していくためには、地区の枠を越えた課題解決へのアプローチが必要である。

ページ上部へ

2.事業の目的、目指した成果

(1)事業の目的
地域の担い手となる若者やその先の子どもたちを含めた次世代へアプローチすることにより、これからの地域を担う人材の育成と住民自治による持続可能な地域経営を目指す。飯田型公民館といわれる住民主体の仕組み(専門委員会制度や分館制度)と、その活動を支える行政職員としての公民館主事の各地区配置という特徴を生かし、共通の地域課題を持つ複数地区のネットワーク化を図る。これにより、住民主体の学習と交流に基づく各地区の既存事業のブラッシュアップと、人材サイクルの構築を図る。

(2)目指した成果
・地域の枠を越えた取組みのネットワーク化
・若者を含む多様な世代による交流の場の創出
・共通の取組みに対し、それぞれの主体が当事者意識を持って関われるための意識化
・その中で地域の力が育まれ、若者や子育て世代の意見や考えを地域に反映し実践することで次世代の担い手が育つ環境整備
・これらが仕組みとして地域に定着し、継続的に実施これらを通じて地域コミュニティの再生を目指す。

ページ上部へ

3.事業の概要

地区公民館単位で取組む地域課題学習が連携した学習と交流に基づく人材育成事業の展開。
(1) 推進会議
・「飯田ムトス大学事業ネットワーク会議」の開催(各地区事業の情報交換・共有、共同学習等)

(2)具体的な各地区の取組み
・次代を担う若者を中心とした中山間地域における地域課題学習(上村・南信濃公民館)アンケート調査結果中間報告会、同調査結果分析等学習会、地域の宝を再確認する学習会
・地域と小・中・高が連携した、和紙の保存伝承活動を通した地域課題学習(下久堅公民館)小中高の授業における保存伝承学習会および体験学習会
・地域課題を核とした、子育て世代と地域をつなげるための連続的地域課題学習(川路公民館)川路通学合宿、天龍峡夏期大学講座、川路の明日を考える研究集会

(3)具体的活動の成果発表、波及の場
・地域課題解決に向けた諸課題の成果発表(飯田市公民館)
第52 回飯田市公民館大会

ページ上部へ

4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制

(1)推進会議
公民館長、公民館主事、社会教育主事、(2)〜(4)を構成する団体代表(住民)

(2)次代を担う若者を中心とした中山間地域における地域課題学習
若い衆で地域を語らまいか、南信濃若者プロジェクト会議、小学校PTA、消防団、上村・南信濃地区まちづくり委員会、市保健課、市学校教育課、東京農工大学

(3)地域と小・中・高が連携した、和紙の保存伝承活動を通した地域課題学習
下久堅小学校、緑ヶ丘中学校、飯田OIDE 長姫高校、全国手漉き和紙用具製作技術保存会、ひさかた和紙保存会、下久堅地区まちづくり委員会、公民館文化委員会

(4)地域課題を核とした、子育て世代と地域をつなげるための連続的地域課題学習
通学合宿準備委員会(住民有志、川路地区まちづくり委員会、川路小学校、小学校PTA、NPO 感環自然村、市保健課)、食生活改善推進協議会、市観光課、子育て支援課、小中学校PTA、保育園保護者会、公民館文化委員会、公民館企画会議、東京大学

ページ上部へ

5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果

(得られた成果)
(1)地域の枠を越えた、住民参加型のネットワーク構築(公民館職員と地域住民によるネットワーク会議の組織化)

(2)地域に対する若者の意識化、主体化(共同学習、アンケートの設問・分析を若者の視点で実施)

(3)次世代の担い手が育つ環境整備
・若者による具体的実践の展開(地域への住民アンケート結果中間報告会を市政懇談会にて実施)
・多様な主体による子育て環境醸成の仕組み形成と具体的実践の展開(多様な主体による合同会議実施→川路通学合宿実施、天龍峡夏期大学講座・明日を考える研究集会への反映)

(4)高等教育機関、NPO などの知見を生かした新たな連携(東京農工大学、東京大学、NPO 環感自然村)

(想定していたが得られなかった成果)
(1) 長期的視点の必要性:課題解決や仕組としての定着にはそれなりの時間をかけた継続的な取組みが必要となるため、単年度では達成感に乏しい。

(2)新たな層へのアプローチ:参加者が特定される傾向にあり、次世代へつなぐためにさらに広く情報発信・共有することで、新たな人材の発掘が必要である。

(3)職員の資質向上:地域住民とともに地域課題・生活課題解決に向けた取組みを行うことで、該当する地域における公民館職員の力量の向上は見られたが、市内他地域の職員の資質向上に水平展開するには至らなかった。

ページ上部へ

6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ

共通の課題を持つ複数地区によるネットワーク会議を活かし、地域住民の主体的な参加を担保するため、@「年齢・性別・立場を越えた多様な主体の連携」A「共通の課題・目的の共有」B「各々の主体的な関わり」C「地域への波及」といった4つのポイントに基づいた情報交換を行ったことで、各地区既存事業の強み・弱みや次への展開を明確にするなど新たな視点の獲得につながった。飯田市の公民館活動では、事業(イベント)を行うこと以上に、そこに至るプロセスを大事にしている。地域住民とともに課題を掘り起こし、その中から住民が何を考えそして何を求めているのか、公民館主事が住民とともに議論することで課題解決に向けた学習活動や事業を創り上げていく。自治の主体は住民であり、事業に至るプロセスを通して自治の主体者である住民の力量を高めていくことが一番のねらいである。そのために、専任の公民館主事にはコーディネーターあるいはファシリテーターとして、地域と行政や多様な主体とのパイプ役を担うとともに、地域を分析し必要な対応策を企画立案できるデザイン思考的アプローチが求められる。そのための研鑽が益々重要となる。

ページ上部へ

7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略

もともと新規事業の立ち上げではなく、共通の課題を持つ複数地区のネットワーク化とそれに伴う既存事業のブラッシュアップを図ることを目的に事業展開してきたところであり、引き続きネットワーク会議を有効に機能させ、この取組みを定着させることで持続性の確保と人材サイクルの構築を目指す。併せて、この取組みをモデルとし、市内他地域へ波及させていく。また、定期的な住民アンケートを実施するなど、常に住民意識を把握し検証することで、事業のブラッシュアップにつなげていく。この取組みは飯田市公民館の重点事業として位置づけ、一般財源により事業を継続していく。

ページ上部へ

事例シート(ダウンロードファイルに同梱)


ページ上部へ

この情報の問い合わせ先

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2974)