公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム(H26)

地域の防災拠点形成事業プログラム

もくじ

支援プログラムテーマ
受託自治体名
取り組みタイトル
ダウンロードファイル
1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)
2.事業の目的、目指した成果
3.事業の概要
4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制
5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果
6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ
7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略
事例シート
この情報の問い合わせ先

支援プログラムテーマ

テーマ2 地域の防災拠点形成事業プログラム

受託自治体名

東京都杉並区

取り組みタイトル

チーム「減災」すぎなみプロジェクト
〜自ら歩き自ら気付く「減災・ふれあいオリエンテーリング」U〜

ダウンロードファイル

(PDFファイル)※71.7MB

ページ上部へ

1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)

杉並区には、高円寺地区をはじめとする「木造住宅密集地域」と「狭あい道路」の複層地域があり、震災時には大規模な火災が発生し易く、東京都内でも「消防活動困難地域」として特に火災の危険性が高い地区を含まれている。東京都の「不燃化特区」指定を受けた杉並第六小学校周辺地区では、この地域での想定被害と減災対策、あるいは防災まちづくり計画に基づく事業を推進しているが、いわゆる「ハード」中心の施策として進捗しにくさを併せ持っている。一方、地域では、災害発生時の緊急的対応、避難方法等を日常生活の中で常に意識するための活動や防災訓練、あるいは各区立学校単位での震災救援所の立ち上げ訓練等が実施されている。しかし、その「担い手」の問題と相まって、参加者が一部の人たちの範囲にとどまったり「日常生活から乖離した特別な行事」になりがちだったりしていた。当該地区においては、より多くの人々が「災害への備え」として自ら学び、考え、行動するためには、一体何が必要で、具体的にどんな手立てを考えるのかが課題であった。このような中にあって、区民の社会教育活動の拠点として設立され杉並区立社会教育センターでは、様々な講座・ワークショップ等の学習事業を開催し、比較的地域とのつながりが薄い区民の地域参加を促したり地域づくりを目的とした区民自身の手による活動を支援する役割を担ったりしている。チーム「減災」すぎなみプロジェクトは、そうした社会教育センターの各種事業から誕生したNPO、自主組織であり、多様な人材・ネットワークの協力と、高円寺地域の「防災」というテーマの具体化に悩む高円寺地域区民センター協議会との「協働」により実現することにつながっていった。

ページ上部へ

2.事業の目的、目指した成果




ページ上部へ

3.事業の概要




















ページ上部へ

4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制

ページ上部へ

5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果

(得られた成果)
(1)「人材」(減災リーダー)の養成
目標値:(当該地区人口1%以上の人材養成)
今年度:地区人口7,504人参加者169人≒2.3%

(2)地域への波及(防災関係団体以外への拡がり)
@区立阿佐ヶ谷中学校、区立新泉小学校、専修大学付属高等学校での講演やワークショップ・レクチャー

A「和泉減災・防災をめざせ!ご近所力の底上げ大作戦!!」の実施

B和田地区青少年育成委員会、高円寺地区・高円寺中央地区・和田堀地区民生児童委員協議会研修でのDVD上映等

C和泉・永福地域区民センターでは、協議会や町会を中心に減災ウォークラリーを実施など

(関係団体との連携・協働による成果)
・社会教育の視点を持ち込むことで事業を実施したため、防災・土木・保健福祉など区長部局主管課や警察署・消防署・水道局などの他官庁、社会福祉協議会、NTT、建築協議会、NPO団体など民間団体への横断的な協力関係を構築することができた。

・区民センター協議会委員・町会・民生委員などの区民、ケア24・障害者施設職員などの職員と協働で事務局を構成した結果、プログラムを計画する段階から幅広い視点でアドバイスを受けることができた

(事業実施による成果)
・地域の危険個所や防災資機材など、道を歩く視点の発見
・他地域での減災ワークショップや自主的なラリーの企画や実施

(想定していたが得られなかった成果)
・当日の天候に左右され、予定したメニューをすべての参加者に提供できず、「楽しく」学ぶには至れずに終えた参加者がいた。

・「不燃化特区」としての表記が「杉並第六小学校周辺地区」であるがために、学校に関わりのない区民の参加が得にくかった。

・阿佐ヶ谷中学校から中学生レスキュー隊や中学生ボランティアの参加が得られたものの、近隣に高校や大学がないこともあり、子どもから大人まではばひろい世代の参加を得ることが難しかった。

ページ上部へ

6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ

〇地縁団体関係
・すでに「防災訓練」を町会単位、震災救援所単位、合同訓練など重複して行っているところが多いため、新たな「訓練」となると負担感が増すと感じる町会にどのように理解と協力を求めていくか苦心した。
→実施地域の町会連合会会議での説明・協力依頼後、単位町会会長宅へ個別訪問し説明・協力依頼を行った。その際、町会もメンバーとなっている青少年育成委員会の取組に、子どもたちが地域のことを知るために実施している「高円寺ウルトララリー」という取り組みがあり、その経験に学ぶこととなった。具体的には、それまでのWRコースが主催者の意図をすべて盛り込むロングコースであったが、みんなが一緒にゴールでき「達成感」が味わえるようにするべきとの経験談を活かし、「もう少し歩きたい」と感じる程度のショートコースに変更することにした。

〇福祉・NPO団体
・実施の趣旨を説明すれば協力は得られやすかったが、障害者も一緒に参加できるコース設定や、トイレなどの設備のあるポイント、緊急時への対応などを整えておく必要があった。
→障害者も一緒に歩くという設定については、多くの人々の共感を得やすかったものの、実際には、当事者と事前に意見を聞くことができたおかげで、無理強いをすることもなく、当事者も一緒に楽しめる範囲での体験の機会にすることができた。また、福祉施設においては、漠然とした参加ではなく、プログラムにおける役割を明確に提示することによって、専門性を発揮していただくことができた。

〇学校関係
・中学生レスキュー隊が組織されている学校には、呼びかけや協力を得やすかったものの、実際の参加協力というところについては、部活との兼ね合いがあり、人数を確保することが困難だった。
→ウォークラリー中のグループにおいて、中学生の存在はきわめて大きかったが、例えば役割の説明やコースの下見など、あらかじめそれぞれの役割を熟知する機会を持つことが難しかった。企画段階から中学生の参加があれば、より充実した体験になる可能性があると思われた。また、各学校単位での震災救援所運営連絡会との連携については、総合訓練にあわせて実施する形で試行することができた。

〇官公庁
・教育行政が「減災」の取り組みを行うことについては、少なからず疑問を呈する向きがあった。特に防災行政との間では、施策との関連性が生じるため、情報提供に心がけた。また、警察署からの集団で道路を歩行する際の諸注意、事前告知の方法、届出などのアドバイスをもとに、近隣住民への対応として、特に私有地を歩行する際には、戸別への周知ビラをポスティングした。
→関係行政筋に対しては、区の施策ではなく、あくまで区民が自ら考案したプログラムを試みることへの支援であることを伝え、理解を得るようにした。また、区民に対する施策や取組を紹介するコーナーへの協力を呼びかけ、パネル展示やチラシ配布に加え、当日の相談や説明を行う職員の派遣協力を得ることもできた。

○その他
・最後に特記すべきことは、このプロジェクトの実質的な「担い手」が社会教育センターの多様な人材・ネットワークの協力があったこと、また、高円寺地域の「防災」というテーマの具体化に悩む高円寺地域区民センター協議会等との「協働事業」として実施したことであった。
→他のカテゴリーとは異なり、常に自発的な営みをしている学習者が、自ら参加してきたことが、大きな力であった。バルーンアートなどが、「癒し」の素材となることも、この機会に学んだことにひとつである。また、協賛団体から提供を受けたグッズ等を配布できたことにより、参加の「証」として役割を果たしていた。
(付録)減災・ふれあいウォークラリー

★楽しく・面白く体験できる防災ウォークラリーのアイディア案
1.ブラインドウォーク〜鬼さんこちら(夜間の災害時体験)
目隠しして、前の人の肩に両手を乗せ数珠つなぎとなって歩く。ガイド役が声やタンバリなどの音の出るもので誘導しながら歩く。

2.ロープでウォーク(夜間の災害時誘導体験)
複数で歩く際に1本のロープを掴んで歩く。

3.防災トレジャー・ハンター(防災資機材確認)
防災資機材をお宝に見立てて探し出すオリエンテーリング、資機材別にポイント差をつける。

4.タッチで消火器(防災資機材確認)
スタートからゴールまでを街頭消火器を探しながら、一筆書きで移動しながら街頭消火器をタッチして歩く。どれだけの街頭消火器を触ってゴールにたどり着けるかを競う。

5.クイズ大怪獣がやってくる(防災全般)
チェックポイントでの大怪獣を災害に見立てたクイズ。防災技術をウルトラマン的ヒーローで演出する。

6.よちよちなみすけ(介護補助者体験)
歩きにくい杉並区公式キャラクター(なみすけ)と一緒に歩く。

7.リヤカーでGoGo!(救護体験)
災害時のリヤカーによる救護者運搬体験

8.防災かくれんぼ(救護体験)
街中のビルや住宅街のコース上に隠れた救護者役を見つけ出す。

9.その他
・バルーンアートの実演による参加者へのお土産
・チェックポイントのバルーン(アート作品など)を集めさせる。

ページ上部へ

7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略

・本事業を通じて得られた知見を使い、区内の至るところで行われる地域主体の取り組みからの求めに応じて参画し、「減災」の実現を積極的に支援していく。

・杉並区社会教育委員の会議からの意見もふまえ、記録映像等の積極的な公表を通じて、「減災」をキーワードに杉並区内外を問わず実践する団体との交流も進める。

・「減災」に関わる取組をもとに、様々な課題解決に向けて必要な連絡・調整・相談機能を発揮する地域人材(コーディネーター)を見出し、新たな「担い手」としてつなげていく。

・今回のノウハウを活用し、「減災」以外の様々な課題に対し解決にふさわしい取り組みを、「すぎなみライフスタイル研究」をキーワードにして人材養成拠点(ソフト)である社会教育センターの事業を通じて創造していく。(以下イメージ図参照)

ページ上部へ

事例シート(ダウンロードファイルに同梱)


ページ上部へ

この情報の問い合わせ先

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2974)