公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム(H26)

地域振興支援プログラム

もくじ

支援プログラムテーマ
受託自治体名
取り組みタイトル
ダウンロードファイル
1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)
2.事業の目的、目指した成果
3.事業の概要
4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制
5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果
6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ
7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略
事例シート
この情報の問い合わせ先

支援プログラムテーマ

テーマ4 地域振興支援プログラム

受託自治体名

広島県府中市

取り組みタイトル

地域の文化資源を活かした地域活性化支援プログラム

ダウンロードファイル

(PDFファイル)

ページ上部へ

1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)

・過疎化によって人口が減り、地域の小学校は廃校となり、長く受けつがれてきた地域の祭りや習俗などが失われつつあるとともに、若い世代には、今ある地域の文化財の存在自体が知られていない現状があった。また、平成の大合併によって歴史的にも地理的にも違う自治体同士が合併したため、旧自治体間の意識に壁があり、地域間交流にも課題が存在するため、地域の文化財の継承と、世代間交流、地域間交流を目指して実施した。

・公民館活動の一つとして、歴史ウォーキングマップを作り、ボランティアによる散策道の清掃や歴史散策ウォーキングを定例行事化するなど文化資源を活かした活動を積極的に行って、地域コミュニティの活性化を図り成果を上げている地域もあるが、地域差があり、全体的な広がりになっていなかった。

・各地域にはそれぞれの歴史、文化資源がある。地域に根付いた歴史や文化財を学ぶことは、地域のルーツを知り、郷土への愛着を深めることにつながるとともに、地域を活性化し、世代間の交流を図る一つの核になり得るものと考えて、事業を実施することにした。

ページ上部へ

2.事業の目的、目指した成果

・郷土の文化財を核にして、地域振興を図ることを目的に、文化財の継承を図るための資料づくりとともに、世代間交流、地域間交流を目指し、地道ではあるが、息の長い継続事業になるように取り組んだ。

・それぞれの地域の文化財ウォーキングマップの作成により、文化財ウォーキングの恒例行事化、ウォーキング道の整備など、公民館等を中心とした地区の活動への広がりを期待して計画した。

・府中いにしえマイスター研修講座を開催し、マイスターに資料館や地域の行事にボランティアとして参画してもらうことで、それぞれの地域で完結するのではなく、広がりをもった活動へと繋げていくことを目指した。

・地域の歴史を知ることは、故郷への愛着が深まるだけでなく、文化財が未来へと受け継がれていくことに繋がる。また、文化財や昔話を通して、昔をよく知るお年寄りと昔を知らない若者・子どもとの世代間交流の一つのきっかけとなることを期待して実施した。

ページ上部へ

3.事業の概要

1.府中市の歴史を知り伝える人材の発掘と育成のため、府中いにしえマイスター研修講座を昨年度に引き続き開催する。研修講座修了者は、文化財ボランティアとして活動できる場を提供し、この事業にも協力いただく。

2.公民館等の文化施設(資料館)を中心として、地域の文化財を巡る文化財ウォーキングを実施するとともに、文化財の紹介マップを作成する。マップは、子供とその親(公民館活動に積極的に参加しない中間年齢層)が参加できるようなものを想定した。マップの作成に際しては、「上下お宝マップ作成委員会」を立ち上げ、地元住民の参画を得たほか、いにしえマイスター、上下高校OBのほか、上下ガイド協会、上下観光協会、上下盛り上げ隊の協力を得て、地元で活用されるマップづくりを行った。

3.上下の町並みに所在する歴史的建造物にて、府中地区の歴史を紹介する展示会を開催する。

4.文化資源を活用して、地域の活性化を図るために、全市的な視点での人材育成を行うとともに、公民館等のニーズに応え、公民館等を核とした地域の文化財を活用する新しい取組みを模索し、実施や実施計画を作成した。

5.市役所内の他部署との連携を強め、文化財を活かしたまちづくりへの協働体制の構築に努めた。

ページ上部へ

4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制

・事業の実施については、教育委員会を事務局として、資料館と協働で計画立案した。

・各事業の実施については、主に資料館が実動主体となったが、市内の各公民館、市立図書館にも事業内容を理解していただき、協力体制の構築に努めるとともに、公民館等のニーズに応え、公民館や公民館に関わる地元住民との協働による各種事業を実施した。

・市内の各種団体理事に個別に相談し、様々な助言を得た。研修講座には、上下歴史研究会、上下民話伝承の会のほか、県立歴史博物館の協力を得るとともに、マップ作りには、上下ガイド協会や上下町を盛り上げ隊、上下観光協会の協力を得た。

・上下の文化財紹介マップの作成にあたっては、「上下お宝マップ作成委員会」を立ち上げた。

・市役所のまちづくり課、産業活性課主管の事業へ計画段階から協力する体制が構築できた。他部課の文化財を活かした地域活性課事業と連携した取組みを展開することが可能となったほか、今後府中地区のウォーキングマップ作りにおいて、健康医療課との連携を模索中である。

ページ上部へ

5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果

(得られた成果)
・「府中いにしえマイスター研修講座」により生まれた約25名のいにしえマイスターが、地域の催しや文化財の活動にボランティアとして活躍してもらえるようになった。

・「上下お宝マップ作成委員会」メンバーに、子育て中のママの参画が得られたことで、今後、ママたちの文化財関連事業の参画が期待できるようになったほか、上下盛り上げ隊、上下観光協会、上下ガイド協会等の協力も得られ、継続実施につなげていける体制づくりができた。

・公民館や図書館との協力体制を構築できた。より、客層の拡大、地域住民に密着した事業の展開につながった。

・市役所内の他部署との連携がすすんだ。具体的には、公民館祭への協力、共同事業の開催、ウォーキングコースの開発、共通様式での看板設置計画などが現在進行中である。


(想定していたが得られなかった成果)
・資料館を核としたことから、広範囲での活動となったため、ボランティアによる散策道の清掃や歴史散策ウォーキングにより地域を活性化する活動には至らなかった。

ページ上部へ

6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ

・アンケート調査で住民ニーズを調査することに加えて、集会による意見交換をすることによって、来年度以降の方針や具体的な計画作りに取り組むことができた。

・マップ作りにあたり委員会を立ち上げたことで、住民主導で住民ニーズに合ったものが出来た。また、各種団体の参加により、今後の予算措置にも配慮いただけることになった。また、公募に頼らない人材確保に効果があった。具体的には、保育所や小学校等で責任感をもって活躍している人材に直接声掛けし参加してもらったことで、新規人材の確保と層の拡大につながった。

・公民館からの要望に応える事業をともに作り上げることで、ニーズにあった事業実施とともに、公民館から地域の学校との連携にも繋げることができた。

・市役所他部署事業に関わることで、協力体制の構築とともに、相互の事業を連携して行うことで、効果的な事業展開が可能となった。

ページ上部へ

7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略

・上下お宝マップ作成委員会は、来年度も継続し、上下散策マップVol.2を作成し、地域の文化資源を掘り起こすとともに次世代への継承に努める。事務局は上下歴史文化資料館に置く。

・府中いにしえマイスター研修講座については、参加者ニーズに応え、より深く歴史を学べる学習講座と現地見学を実施していく。具体的には、石州街道を学び歩くことで、参加者ニーズに応えるとともに、まちづくり課の府中市街地活性課事業の公園やコース上に設置する予定の市街地ウォーキングコースの開発につなげるとともに、上下歴史研究会が上下町域の石州街道を歩く取り組みにリンクさせ、上下と府中地域間の交流を図る。組織化については、当面、文化財担当課を事務局として進め、現在構築されつつあるマイスター同志の関係を深め、数年後、独立した体制づくりを目指す。

・引き続き、公民館や図書館、資料館と連携して、住民ニーズに即した事業をすすめていくことで、文化財をツールとした世代間交流や地域間交流を目指す。

・地域の歴史を知り伝える人材の発掘と育成のための「府中いにしえマイスター研修講座」を実施し、郷土の歴史を深く学んでもらう機会を作るとともに、マイスターには文化財やまちづくりに関係するイベント等にボランティア参画してもらう。

・次世代に上下町の文化財を継承するための一つとして、上下地域の文化遺産を紹介するマップを、上下歴史文化資料館を核に、上下町の住民参画を得て作成する。

・上下町のまちなみで開催されるイベント「上下ひなまつり」期間中に、上下町にある歴史的建造物を会場として、府中地区の歴史を伝える展示会を開催することで、にぎわい作りへの貢献と地域間交流を図る。

ページ上部へ

事例シート(ダウンロードファイルに同梱)


ページ上部へ

この情報の問い合わせ先

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2974)