公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム(H26)

地域振興支援プログラム

もくじ

支援プログラムテーマ
受託自治体名
取り組みタイトル
ダウンロードファイル
1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)
2.事業の目的、目指した成果
3.事業の概要
4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制
5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果
6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ
7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略
事例シート
この情報の問い合わせ先

支援プログラムテーマ

テーマ4 地域振興支援プログラム

受託自治体名

山口県長門市

取り組みタイトル

地域協育ネットと長明塾・セミナー創生事業による地域づくり
(集う・学ぶ・つなぐ・結ぶ・活かし活かし合うネットワーク型公民館づくり)

ダウンロードファイル

(PDFファイル)

ページ上部へ

1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)

・豊かな自然に恵まれ第1次産業を中心とした地域であるが、人口減少と少子高齢化が進行する中、ややもすると地域全体の意欲喪失につながりかねない状況である。そのような中で地域課題を掘り起こすワークショップを開催し、@みんなでもっといいまちを創りだそう、A若者定住、B高齢者対策、C長門の豊かな食材をみんなでアピール、D防災対策など多くの課題を共有することが出来た。これまで展開されてきた事業を充実させようとする動きや、徐々にではあるが、市民協働条例のもとで地域住民が自分たちのまちづくりに取組む具体的な動きが見られるようになってきた。

ページ上部へ

2.事業の目的、目指した成果

・課題解決に向けて、地域住民が中心になって関わるために「集う・学ぶ・つなぐ・結ぶ・活かし活かし合うネットワーク型公民館づくり」をめざして次の事業に取組む。

(1)地域協育ネット事業〜地域総がかりで子どもを育てるまちづくり〜
高齢化社会の中で、子どもたちを地域の真ん中に置き、高齢者と結びつけることによって高齢者などの社会貢献意識を醸成し、学校・家庭・地域を巻き込み、地域総がかりで子どもを育てるまちづくりに取組む。

(2)「長明塾」「セミナー創生塾」〜学びと実践の環境づくり〜
地域の自主的活動団体やNPO及び個人等をつなぎ、行政各部署や市議会と結び、情報を共有し合うことで地域課題に取組む学びの環境づくりとその実践を支援する公民館づくりに取組む。

ページ上部へ

3.事業の概要

1.地域協育ネット事業〜地域総がかりで子どもを育てるまちづくり〜
(1)深川地域協育ネット「わくわく土曜塾(子どもたちの多様な体験)」、「わくわく子どもクラブ」、長門市中央公民館の生涯学習グループや高校、JA等各種団体がそれぞれの学習成果を子どもたちとの活動に生かすことで、学習意欲の向上や高齢者の生きがいづくりにつながる取組みをする。また、地域住民が学習してきたことや知恵を次世代に伝えることにより子どもたちの生きる力を育て、生涯にわたる趣味となっていくきっかけづくりとする。

(2)油谷地域協育ネット@「おしかけふれあい塾」学校支援のキャッチフレーズを「学校・教師100%+地域20%=120%で子どもを育てる」とし、子どもたちの生きる力の育成に寄与している。油谷中央公民館の担当と学校の地域担当が、小中学校と生涯学習グループ双方のスケジュール等を調整し、双方がWin・Winの関係となるよう子どもたちとのふれあいや授業支援のコーディネートを行う。生涯学習グループは学校へ行き、ふれあい活動や授業支援を行うことで社会貢献や高齢者の生きがい創出或いは地域総がかりによる子育て意識の向上を図っている。この取組みを子育てしやすい(若者定住)環境づくりにつなげたい。A行政各部署をつなぎ・結び・活かし合う公民館機能を活用して地域協育ネット研修会や子育て講演会を開催するとともに、地域に育まれた子どもたちの出番と役割を提供することで、世代を越えた「知が好循環する地域づくり」実現の一助とする。

2.「長明塾」「セミナー創生」事業〜学びと実践の環境づくり〜
(1)長明塾:年間4回実施。@地域課題となっていた衰退しつつある地域のまつりに、NPOや地域の団体に協力を呼びかけてつなぐことで、派生する賑わいを地域の活性化につなげる。A健康づくりや地域医療の課題解決に向けた取組みから、高齢化社会と向き合い改善しようとする活動を地域づくりに生かす。B講師招聘や熟議を通して地域づくりにつなげる。

(2)セミナー創生:年間4回実施。@地域と子どもの防災避難所体験活動。A地域課題でもある「若者定住」と「高齢者対策」を地域協育ネット事業と一体的に取組む。B油谷の豊かな食材を生かした料理開発と活動団体による情報発信(レシピ作成・配布、報道発表、公民館だより掲載)を行う。

ページ上部へ

4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制

地域協育ネット事業
(1)公民館運営協議会の「地域づくり部会」が窓口となり、「わくわく土曜塾」「わくわく子どもクラブ」の計画立案。「おしかけふれあい塾」における学校訪問活動の実施計画を立案。

(2)公民館担当者(コーディネーター)も地区内小中学校や保育園と生涯学習グループとの連絡調整を行い、実施計画に沿って活動を展開する。実施後は活動状況を公民館及び学校の掲示板に掲示する。また、公民館だよりや学校だより、HPで紹介し活動の価値づけをおこなう。

「長明塾」「セミナー創生」事業
(1)中・高校生や一般地区住民、地区社協及び老人クラブ等団体、行政関係課の協力による、地区の課題を掘り起こすワークショップを通して課題を集約。

(2)課題解決に向けた事業を公民館運営協議会委員スタッフが中心となって運営を行った。また、行政の関係課の協力を得て、地区内の団体やサークルによる事業展開を行った。

ページ上部へ

5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果

(得られた成果)
地域協育ネット事業
・「おしかけふれあい塾」は地区内小中学校へ86回(のべ)を実施。特に中学校へは7回(昨年度2回)。参加のべ人数540名。参加満足度ほぼ100%。「わくわく土曜塾」は24回実施。塾生48名、協力団体30団体、のべ300名。参加満足度塾生90%、団体80%。

・学校のコミュニティ・スクールへの取組みと相まって、公民館型地域協育ネットの取組みが普及してきており、地区住民が自分の出来るボランティア活動や授業支援で気軽に学校へ協力しようとする機運が高まり、地域総がかりで子どもたちを育てようとする環境が整いつつある。

長明塾
・広報や口コミにより塾生が5名増加。日程や学習内容を塾生が中心となって調整することで、参加者が28名から39名に増加した(平均)。参加者満足度80%

セミナー創生事業
・2年間を通して10回の事業を展開してきた。ワ−クショップやパネルディスカッション等を行うことで、住民同士がつながり、地域課題を共有し正面からとらえながら、それぞれの立場で出来る市民参画型の協働体制の環境も整いつつある。参加者満足度95%

(想定していたが得られなかった成果)
・「長明塾」において、若者世代を塾生に取り込もうとしたが、現在はそこまでに至っていない。

ページ上部へ

6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ

@地域住民が参画するワークショップ型の熟議による課題の共有
A住民同士や関係各課及び各種団体が課題を共有し、つながるための仕掛けづくり(定期的な研修や事業実施)
B中学生や高校生が参画し、地域での出番や役割の準備(地域行事やイベント等)
C保育園・小中学校・高校・大学との連携と専門的見地からの支援

ページ上部へ

7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略

1.「協育ネット事業」については、これまでの取組みを継続させるための市単独予算の確保が出来た。今後は、学校における教育課程に沿った授業支援へと高まるための支援者の研修に取組む。「わくわく土曜塾」「わくわく子どもクラブ」に関わる生涯学習グループの参画や連携を深め、地域の諸団体が行う事業での連携を図る。また、公民館の生涯学習グループにとどまらず、地域の学習ボランティア等との連携を深め「地域総がかりで子どもを育てる」気運を広げ、地域の教育力向上につなげる。

2.「長明塾」「セミナー創生」事業も市単独予算の確保が出来た。地域課題の解決に向けた継続事業として取組むと共に、自治会やNPO等と関係各課を結び、つなげ、学びの環境を整えていくことを通してネットワーク型公民館づくりにつなげたい。また、子育て世代など若者の世代にも広がるような募集方法の工夫をしていきたい。

3.長門市社会教育主事有資格者会が実施されたアンケート結果から、自分を肯定的にとらえる子どもを育成するうえで、様々な体験活動を実施することが有効であることから、年度事業計画時に有資格者会に参加していただき、連携して事業実施に取り組んでいく。

ページ上部へ

事例シート(ダウンロードファイルに同梱)


ページ上部へ

この情報の問い合わせ先

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2974)