公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム(H26)

地域振興支援プログラム

もくじ

支援プログラムテーマ
受託自治体名
取り組みタイトル
ダウンロードファイル
1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)
2.事業の目的、目指した成果
3.事業の概要
4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制
5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果
6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ
7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略
事例シート
この情報の問い合わせ先

支援プログラムテーマ

テーマ4 地域振興支援プログラム

受託自治体名

千葉県浦安市

取り組みタイトル

もっとやさしい浦安を目指して

ダウンロードファイル

(PDFファイル)

ページ上部へ

1.この事業に取り組んだ背景(地域の現状、抱える課題)

浦安市でも、少子高齢化、核家族化、ライフスタイルの多様化など、社会の状況の変化によって、家庭や地域の教育力の低下、人間関係の希薄化など、暮らしの根幹に関わる地域課題が山積している。そのような状況の中、浦安市に甚大な被害をもたらした東日本大震災は、まちづくりのあり方や人と人の絆の重要性を改めて認識する機会となった。浦安市生涯学習推進計画の基本目標である「自ら学びともに高めあい地域に生きる生涯学習」を実現していくためにも、地域コミュニティの再生と活性化は最重要課題の1つである。

公民館は、市民に身近な社会教育施設として、地域課題や市民ニーズに即した学習機会を提供するとともに、心豊かで活力に満ちた人づくり、地域づくりの拠点として期待されている。浦安市の公民館では、今までも多種多様な内容の学びを住民の方へ提供してきた。しかし、まだその学びを地域コミュニティ再生や活性化へ十分に生かせるまでには至っていない。そこで、公民館が中心となり、地域住民や地域団体、行政機関の間をコーディネートしながら、様々な地域課題解決に向けた取り組みを進めていきたいと考える。

ページ上部へ

2.事業の目的、目指した成果

公民館が中心となり、地域住民や地域団体、行政機関の間をコーディネートしながら、様々な地域課題解決に向けた取り組みを進めていく事を目的としている。また、課題解決を進めていく中で、行政だけに頼らず、住民自らが考え動いていける地域を目指していく。

◎成果目標この取組に参加した方と次のステップに進んだ方の目標値です。

【子育て支援】平成26年度参加者50人企画運営者20人
平成30年度参加者300人企画運営者50人

【環境】平成26年度参加者50人企画運営者15人
平成30年度参加者300人企画運営者50人

【若者支援】平成26年度子ども起業塾参加者20人企画運営者20人
平成30年度子ども起業塾参加者100人企画運営者50人
(そのうち子ども起業塾の体験者20人)
より多くの方がこの取組に参加し、地域に広げていくために、今関わっている方達で今後の目標と手法を考えていただく。

ページ上部へ

3.事業の概要

各課題とも、「もっとやさしい浦安を目指して」を共通テーマとし、各種講座等を市民の方の企画運営で開催した。また、地域人材育成のための基礎となる手法・知識を学ぶ講座も開催し、より多くの市民の方が関わり考える場つくりを行った。

【子育て支援】
地域パパママたちで構成される「うらやす子育てミーティング企画運営チーム」の方々と「中央公民館」とがタッグを組んで、地域の方に適した手法・テーマを考え、地域課題に即した講座を企画・運営している。

【環境】
地域の方で構成される「エコ仲間♪うらやす」も、浦安市環境保全課・ゴミゼロ課・また、団体である環境パートナーシップちばと公民館とがタッグを組んで、月1〜2回程度の熟議(エコカフェ@猫実)を続け、8月の子供向け講座やさらに11月からのスキルアップ講座の企画運営をしている。

【若者支援】
浦安の子どもたちに、挑戦することの楽しさを知ってもらい、地域の大人たちとの関わりにより視野を広げ、「浦安の町や人たちを笑顔にする」という理念のもとに「地域のおまつりで店を出す」というミッションを実現するという「起業塾」のプログラムを地域の若者(うらやす子ども起業塾運営委員)が、地域団体(JCなど)の方や公民館と協力して運営している。

ページ上部へ

4.計画立案段階及び取組実施段階における関係者、団体等との連携・協働体制

【子育て支援】
企画運営段階ではママたちと公民館という体制となっているが、事業協力者として市担当課や専門家の方にも関わっていただいている。

【環境】
取組を始めた段階で市担当課や市民団体との協力体制ができた。毎回の熟議へも参加してもらい、助言等をいただいている。

【若者支援】
当初は市民の方と公民館のみの活動であったが、次第に地域の大学生・地域団体等の協力も加わり、また、地域団体から助言等もいただいている。また、3月14日には「防災ピクニック」を開催することになり、「うらやす子育てミーティング」「エコ仲間♪うらやす」「うらやす子ども起業塾」といった、この取組に関わる方が一緒になって企画運営を行っていくことになった。そこに加えて、地域赤十字、地域大学生、地域小学校PTA会長、地域健全育成連絡会、他部門である子育てミーティングの学級長といった方達も関わっていただいている。

ページ上部へ

5.この事業によって得られた成果・得られなかった成果

(得られた成果)
地域のつながりの輪が見えてきた。

【子育て支援】
市民自ら企画運営していく体制ができてきた。行政が行っていない支援を地域の方の力で行う事ができた。

【環境】
熟議の場が定着してきた。地域のために活動する充実感を感じていただくことができた。

【若者支援】
若者が地域活動を行うきっかけづくりとなった。地域団体・大学生・新聞社等の協力体制が見えてきた。


(想定していたが得られなかった成果)
【子育て支援】
シニアとの協力体制は、今年度は実現しなかった。

【環境】
協力企画運営者となっていただける方が、26年度中は想定の数ほどは得られなかった。

【若者支援】
企画運営者となっていただける方が、26年度中は想定の数ほど得られなかった。

ページ上部へ

6.事業実施により構築できた取組プロセス、それを実現するためのノウハウ

●プロセスその対象者が参加する講座等を開催(きっかけ)→講座終了後に企画運営を一緒にしませんかと声掛け(アプローチ)→課題解決のための熟議(組織化・計画)→事業開催及び活動アピール(実施・実行)→新たなメンバー獲得と振り返り(活動の広がりと評価)→今後に向けた話し合い(振り返りと計画や構想づくり)

●ノウハウ熟議を行う際、参加者全員に当事者意識を持たせる事や、心に思う事の引き出し方にファシリテーター養成講座で習った手法が活かされていた。企画へ参加する方達の得意分野が活かせるような、スキルがあがるような運営であった。また、さらに多くの方を巻き込んでいけるよう、企画運営に携わる方が違う分野の市民活動の場にも積極的に参加し、活動の輪を広めるとともに自分たちの活動もアピールした。

ページ上部へ

7.今後、事業の継続・展開の具体的な方針・戦略

今後もこの取組を続けていくポイントとしては「行政の支援がなくても続けていける取組」である事、「地縁の輪がひろがる取組」である事、「地域の方が、自ら考えて動いていける取組」である事の3つである。なので、引き続き市民の方主導で進めていくこととし、まだ参加していない方を巻き込んでいけるような手段・内容を考えていく事が必要になってきた。その点を踏まえ、各部門来年度の活動準備に入っている。また将来、予算がなくとも活動を続けていけるようにも同時に考えている。さらに、各団体や市担当課の協力も得られてきており、活動が認められたようで来年度も事業展開をしていける予算獲得することができた。

ページ上部へ

事例シート(ダウンロードファイルに同梱)


ページ上部へ

この情報の問い合わせ先

文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課 公民館振興係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2974)