第38回全国公民館研究集会 神奈川大会 開催要項

特設Webサイト

https://conv.toptour.co.jp/shop/evt/kouminkan/

申込方法

東武トップツアーズ株式会社横浜支店に
開催要項添付の「参加・宿泊申込書」に記載の上、お申し込みください。
※開催要項や申込用紙は上記「特設Webサイト」でも公表しています。

開催要項  (PDFファイル)

備考

※この事業は、「第57回関東甲信越静公民館研究大会inさがみはら」を兼ねています。
※予告なく内容を変更することがあります。最新情報は開催地発行の開催要項でご確認ください。

趣 旨

 公民館は、戦後の復興・再建への原動力となる住民自治を具現化する拠点として整備され、地域住民にとって最も身近な学びの場・交流の場として、人づくり、地域づくりに大きく貢献してきました。また、最近では、公民館は、ESD(持続可能な開発のための教育:Education for Sustainable Development)を推進する教育機関として、アジアをはじめ諸外国から注目されています。

 しかしながら、近年、地方分権・行政改革の下での首長部局への移管やコミュニティセンター化、公民館運営審議会の任意制など、公民館を取り巻く現状には、大変厳しいものがあります。そして、公民館には、地域の絆を深め、活力あるコミュニティの再生が求められている反面、これまでの公民館のあり方について、その見直しが迫られていることも事実です。

 「公民館は、住民がつどい、まなび、つながる場となっているのか」「公民館は、住民の自治力を高めるという機能を果たしているのか」、それとも、「時代の流れとともに、公民館はその役割を終えてしまったのか」。私たちは、社会教育推進の中核を担ってきた公民館の未来像を、明確に描くためにも、その機能を改めて検証し確認する必要があります。

 本大会は、「今、なぜ公民館が必要とされているのか? 〜公民館の存在意義を問う〜」を大会テーマとし、公民館のあるべき姿を探求し、公民館が果たすべき役割に焦点をあてた内容で二日間を構成しました。

関東甲信越静地区をはじめとする全国の公民館関係者、生涯学習・社会教育関係者が「未来へつながるまち相模原」に集い、研究討議をとおして知見と交流を深め、今後の各地域の公民館活動の、より一層の充実と発展を図るものとします。


大会テーマ

「今、なぜ公民館が必要とされているのか?」
〜公民館の存在意義を問う〜


主 催

公益社団法人全国公民館連合会、関東甲信越静公民館連絡協議会、神奈川県公民館連絡協議会、第38回全国公民館研究集会神奈川大会・第57回関東甲信越静公民館研究大会inさがみはら実行委員会、神奈川県教育委員会、相模原市教育委員会


後 援(予定)

文部科学省、全国公民館振興市町村長連盟、神奈川県、相模原市、神奈川県社会教育委員連絡協議会、神奈川県地域婦人団体連絡協議会、神奈川県PTA協議会、神奈川県立高等学校PTA連合会、神奈川県社会教育協会、神奈川新聞社、tvk、(株)タウンニュース社

会 場

全体会

相模女子大学グリーンホール

分科会

ユニコムプラザさがみはら、相模原市立大野南公民館、麻布大学、ソレイユさがみ、相模原市立橋本公民館

開催日程

全体会/相模女子大学グリーンホール/平成28年8月25日(木)

受付 11:00〜12:15
アトラクション
開会行事
12:15〜13:20

方言劇「お小昼(おこじゅう)のひととき」
千木良のお小昼一座
基調講演 13:30〜14:15

「公民館の本質と役割」 〜地域再生・未来への挑戦〜

講師:牧野 篤(東京大学大学院教育学研究科教授)
パネルディスカッション 14:30〜16:15

「公民館が果たす ひとづくり・まちづくり」

《コーディネーター》
齊藤ゆか(聖徳大学児童学科准教授)

《パネリスト》
文部科学省
宮城 潤(沖縄県那覇市若狭公民館・館長)
中村洋子(相模原市立大野南公民館運営協議会議長)

《アドバイザー》
牧野 篤(東京大学大学院教育学研究科教授)
閉会行事 16:20〜16:40
分科会打ち合わせ 17:00〜17:30
情報交換会 18:00〜20:00

分科会/各分科会会場/平成28年8月26日(金)

受付 9:00〜9:20
開会
オリエンテーション
日程説明
9:20〜9:30
分科会 9:30〜11:55

事例発表、質疑、研究協議
閉会行事 11:55〜12:00

分科会

第1分科会 公民館職員の専門性

【協議の柱】
  • 公民館職員に必要な専門性を模索し、その資質を高めるための方策について協議します。

  • 《事例発表》
    長野県松本市 松本市公民館主事研修会について
    神奈川県茅ヶ崎市 公民館職員の資質の向上をめざして
    〜社会教育主事による取り組み〜

    第2分科会 若者とつながる公民館

    【協議の柱】
  • 地域づくりには欠かせない若者の参画、青少年の参加を促すための、魅力ある事業の可能性について協議します。

  • 《事例発表》
    東京都国立市 「若者」が「社会」とつながるとき
    〜ハブとしての公民館〜
    神奈川県相模原市 若い力と共に子どもたちの健やかな成長を願って
    〜学生ボランティアと協働した青少年部事業〜

    第3分科会 家庭教育支援の歩み

    【協議の柱】
  • 親の育ちを支え、地域や家庭の教育力の向上に努めてきた公民館の将来像について協議します。

  • 《事例発表》
    山梨県山梨市 学校教育への公民館活動での支援
    神奈川県平塚市 親が育ち学び合う地域づくり
    〜学びの事業からつながる地域の輪〜

    第4分科会 公民館の管理・運営

    【協議の柱】
  • 公民館を取り巻く現状から課題を整理し、公民館のより良い管理・運営方法について協議します。

  • 《事例発表》
    茨城県鹿嶋市 人と人・地域と人とを結ぶ公民館
    神奈川県相模原市 地域に根ざした公民館を目指して
    〜相模原市の公民館改革について〜

    第5分科会 公民館事業の企画・評価

    【協議の柱】
  • 地域の課題解決に迫る公民館事業の企画と、その改善を図るための適切な評価方法について協議します。

  • 《事例発表》
    千葉県船橋市 船橋市生涯学習コーディネーターの活動
    〜公民館事業への企画参加と運営〜
    神奈川県厚木市 愛甲公民館発・地域再発見!
    〜地域住民の融和に向けての取組みを通じて〜

    第6分科会 公民館事業と人権

    【協議の柱】
  • だれもが個人として尊重され、大切にされる社会をめざした公民館活動のあり方について協議します。

  • 《事例発表》
    群馬県渋川市 人権の視点を活かした公民館運営
    神奈川県川崎市 多様性社会の実現に向けた人権学習の果たす役割

    第7分科会 地域防災と公民館

    【協議の柱】
  • 地域に多大な影響を与える自然災害が発生する中、地域防災に対する公民館の役割について協議します。

  • 《事例発表》
    栃木県鹿沼市 地域ぐるみで取り組む防災対策に向けて
    〜子どもたちの生きる力を育む取組〜
    静岡県磐田市 そなえよ つねに!・・・災害からの自助、近助、共助
    〜あなたがリーダー 地域との連携による人材発掘と育成〜

    第8分科会 地域文化の伝承

    【協議の柱】
  • 住民の暮らしと深く結びつく伝統文化の伝承の意義と、公民館の関わりについて協議します。

  • 《事例発表》
    埼玉県行田市 将来を担う人材を育成する公民館活動
    〜「真名板薬師太鼓」を通して郷土愛を育てる〜
    神奈川県大井町 地域で育む文化の絆
    〜文化の担い手を育むために〜

    第9分科会 シニアが輝く公民館

    【協議の柱】
  • シニアの豊かな知見を活かし、高齢者が生き生きと地域づくりに関わるための事業の展開について協議します。

  • 《事例発表》
    新潟県三条市 「きっかけの1歩事業」
    〜特色ある事業による絆・つながりの再構築〜
    神奈川県座間市 主体的継続的学習こそが企業人を地域の担い手に!
    〜公民館と受講生の会がともに創るあすなろ大学〜

    問い合わせ先

    申込先
    東武トップツアーズ株式会社横浜支店(担当:岡村達哉)

    〒220-0004
    神奈川県横浜市西区北幸2-8-29 東武横浜第3ビル5階
    tel:045-326-1120/fax:045-326-1122

    大会に関するお問い合わせ先

    第38回全国公民館研究集会神奈川大会・
    第57回関東甲信越静公民館研究大会inさがみはら実行委員会事務局

    神奈川県公民館連絡協議会事務局
    〒231-8509
    神奈川県横浜市中区日本大通33 神奈川県教育委員会生涯学習課内
    tel:045-210-8347(直通)/fax:045-210-8939