活動をサポートするさまざまな書籍を紹介します。

【別冊】公民館の使命 公民館Q&A〜社会教育法第二十三条と公民館諸問題を考える〜

本書のお求め、在庫確認、お問合わせ先はこちらです。(全公連では取り扱っておりません)

一般財団法人日本青年館
公益事業部「社会教育」編集部
電話:03-6452-9021 FAX:03-6452-9016

概要紹介

【どんな本?】
朱膳寺宏一さんの「公民館の使命」の別冊本。月刊公民館に連載した公民館Q&A全18回を一挙掲載。

書名/【別冊】公民館の使命 公民館Q&A〜社会教育法第二十三条と公民館諸問題を考える〜
著者/朱膳寺宏一 著
価格/1,000円+税・送料
(本体同梱版3,000円+税・送料)
発行/本吉出版
体裁/A5判・117ページ
発行日/平成28年12月23日
ISBN/なし

もくじ

第一回


  • 企業の面接会場は貸せるか
  • 祭りの練習会場に貸せるか

第二回


  • 講師の物品販売はできるか
  • 入場料をとる公民館使用はできるか

第三回


  • 議員の政治報告会に貸せるか
  • 地域団体の宿泊に貸せるか

第四回


  • 民間事業者が行う塾に貸せるか
  • 個人レッスン料は講師の営利にならないか

第五回


  • 宗教団体の利用は可能か
  • 政治家の個人講演会に貸せるか

第六回


  • 企業の求人説明に貸せるか
  • 新興宗教団体の講演会にかせるか

第七回


  • 公民館の使用基準は必ず守らなくてはならないか
  • 文化祭でサークルで作った作品の販売は可能化

第八回


  • 公民館の個人学習の支援について
  • 宗教的行為を伴わない故人のお別れ会や偲ぶ会に貸せるか

第九回


  • 公民館で著作物の販売は可能か
  • 入場料を徴収する映画会は営利活動にあたるか

第十回


  • 自動販売機の設置の手続きは
  • 選挙の候補者の勧誘チラシは館内に置けるか

第十一回


  • 公民館が避難所になる根拠について
  • 社会教育施設の一般団体への貸し出しについて

第十二回


  • 社会教育施設での一般団体の使用は可能か
  • 公民館職員の研修について

第十三回


  • 企業が被災地支援の各種販売は可能か
  • 公民館職員の発令について

第十四回


  • 講師が公民館で生計を営むのは営利活動か

第十五回


  • 地域団体の支援・援助のあり方は
  • 公民館で近くに商店が無い場合、野菜の販売は可能か

第十六回


  • 館内の未成年の喫煙等の指導について
  • 館報に広告は可能か 指定管理者の場合はどうか

第十七回


  • 公民館での飲食について

最終回(第十八回)


  • 個展に会場を貸し、その作品の販売は可能か
  • 公民館のネーミングライツは可能か

公民館Q&A総論


  • 「公民館事業と運営」〜社会教育法第二十三条を改めて考える〜