公益社団法人全国公民館連合会・役員情報

役員名簿(平成28年6月9日改選)

会長

石川正夫(学識経験者)※非常勤

副会長

松澤直太郎(学識経験者)※非常勤
田中壮一郎(学識経験者)※非常勤
神崎節生(関東・甲信越・静ブロック代表理事)※非常勤

理事

村松真貴子(学識経験者)※非常勤
中嶋裕史(九州ブロック代表理事)※非常勤
城戸常太(中国・四国ブロック代表理事)※非常勤
坂田裕一(東北ブロック代表理事)※非常勤
萬浪佳隆(近畿ブロック代表理事)※非常勤
川上 満(北海道ブロック代表理事)※非常勤
木下敬之(関東・甲信越・静ブロック代表理事)※非常勤
中西 彰(東海・北陸ブロック代表理事)※非常勤

監事

中村 博(占冠村長/北海道)※非常勤
松澤宣泰(弁護士)※非常勤

役員に対する報酬等の支給の基準の公表

役員の報酬等及び費用に関する規程(平成23年6月7日制定)

(目的)
第1条 この規程は、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(平成18年法律第49号)第5条第13号(以下、「認定法第5条13号」という。)及び公益社団法人全国公民館連合会(以下、「この法人」という。)定款第25条の規定に基づき、役員の報酬等及び費用の支給の基準に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)
第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1)役員とは、理事及び監事をいう。
(2)常勤役員とは、理事のうち、この法人を主たる勤務場所とする者をいう。
(3)非常勤役員とは、役員のうち、常勤役員以外の者をいう。
(4)報酬等とは、認定法第5条13号で定める報酬、賞与その他の職務遂行の対価として受ける財産上の利益及び退職慰労金であって、その名称のいかんを問わず、費用とは明確に区分されるものとする。
(5)費用とは、職務遂行に発生する交通費、旅費(日当及び宿泊費を含む。)及び手数料等の経費をいう。

(報酬等の支給)
第3条 本会役員は無報酬とする。ただし、常勤役員には、役員報酬を支給することができる。
2 前項但し書きの規定にかかわらず、当分の間、これを支給しないものとする。
3 役員には、役員賞与及び退職慰労金を支給しない。

(役員報酬の額の決定)
第4条 本会の常勤役員の報酬月額は、(別表)常勤役員俸給表のとおりとし、各々の常勤役員の報酬月額は俸給表のうちから、会長が理事会の承認を得て、決めるものとする。

(定例報酬の支給)
第5条 報酬の支給日、支給方法並びに報酬より控除する額等支給に関する詳細は、別に定める事務局職員を対象とする職員給与規程に準ずる。

(費用)
第6条 この法人は、役員がその職務の遂行に要する交通費、旅費等の実費を費用として支給することができる。

(公表)
第7条 この法人は、この規程をもって、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第20条第1項に定める報酬等の支給の基準として公表するものとする。

(補則)
第8条 この規程の改廃は総会の決議による。
2 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、会長が理事会に諮り定める。

附則
この規程は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第50号)第106条第1項に定める公益法人の設立の登記の日から施行する。

【別表】常勤役員俸給表
第1号 120,000円
第2号 140,000円
第3号 160,000円
第4号 180,000円
第5号 200,000円
第6号 220,000円
第7号 240,000円
第8号 260,000円
第9号 280,000円
第10号 300,000円
第11号 320,000円
第12号 340,000円
第13号 360,000円
第14号 380,000円
第15号 400,000円
第16号 420,000円
第17号 440,000円
第18号 460,000円
第19号 480,000円
第20号 500,000円
第21号 520,000円
第22号 540,000円
第23号 560,000円
第24号 580,000円
第25号 600,000円
第26号 620,000円
第27号 640,000円
第28号 660,000円
第29号 680,000円
第30号 700,000円